このイベントをシェア

このイベントは終了しました。

クリエイターズトーク vol.52「富山から考えるサステナブルシーフードの未来」

2021/04/16(金) 18:30 ~ 20:00

日本橋とやま館 (日本橋とやま館, 1丁目2-6, 中央区日本橋室町, 東京都, 〒103-0022, Japan)

[主催] (株)ディスカバー・ジャパン

お申し込みはこちら チケットの申込方法
対応決済方法

    • 種類
    • 金額(税込)
    • 枚数
    • 参加費

      受付期間が終了しました

    • ¥2,500
    • -

イベント概要

富山から考えるサステナブルシーフードの未来

※開催時間が変更となりました

水産資源が世界的な危機に瀕する中、「シェフス・フォー・ザ・ブルー」という料理人約30人による団体が立ち上がりました。3人の料理人がサステナブルシーフードのヒントを求めて富山を訪ねたのが、2019年11月のこと。視察に参加した一人「恵比寿 えんどう」の遠藤記史さんと、同団体の発起人でフードジャーナリストの佐々木ひろこさんを迎え、水産資源の現状と、それに対する活動について語っていただきます。当日は遠藤さんによるおつまみも提供予定しておりますので、お楽しみに。

▼登壇者プロフィール
遠藤記史(えんどう・のりひと)
1986年、東京都生まれ。実家は寿司店を営む。中高生時代から海外に憧れ、18歳でイギリスにサッカー留学し、25歳で帰国。日本の魚食文化の豊かさに気づき、鮨職人の道を志す。六本木の「鮨 さいとう」、広尾イノベーティブレストラン「長谷川稔」などで経験を積み、自身の店となる2019年2月「恵比寿 えんどう」を開店。鮨と茶をペアリングするコースなど、従来の鮨の在り方に囚われない発想で話題に。YouTubeチャンネル「NORIHITO TV」を開設するなど積極的な情報発信にも取り組む。

佐々木ひろこ(ささき・ひろこ)
1971年、大阪府生まれ。一般社団法人「Chefs for the Blueシェフス フォー  ブルー」代表理事日本で国際関係論を、アメリカで調理学とジャーナリズムを、香港で文化人類学を学び、現在フードジャーナリスト、エディター、翻訳家として活躍。雑誌や書籍、ウェブサイトに寄稿中。漁獲量が減少し続ける日本の現状に衝撃を受け、20175月、シェフら30人とともにサステナブルシーフードを推進・啓発する料理人ネットワークChefs for the Blueを立ち上げる。イベント開催や講演など積極的に活動中。https://chefsfortheblue.jp

***
クリエイターズトーク Vol.52
開催日:4月 16 日(金)
時間:18:30〜20:00(変更となりました)
会場:日本橋とやま館
住所:東京都中央区日本橋室町1-2-6 日本橋大栄ビル1F
料金: 2500 円(定員 15 名。「恵比寿えんどう」さんのおつまみ、富山の地酒付き)
※日本橋とやま館SNSでのライブ配信実施予定
http://eventregist.com/e/toyama52

開催日時

開始日時:2021/04/16(金) 18:30

終了日時:2021/04/16(金) 20:00

Googleカレンダーに登録

開催場所

日本橋とやま館

東京都 中央区日本橋室町 1丁目2-6 日本橋とやま館

主催者情報

(株)ディスカバー・ジャパン

  • n.hazuki4@gmail.com